アロマの知識

ここでは、「アロマの知識」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリートメントなどで、お肌に
アロマオイル(精油)を使用する場合には、
必ずホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどの
キャリアオイル(植物油)によって1%以下に
希釈するようにして下さい。

ラベンダーとティートリーの精油の場合は
例外的に、原液を肌につけることができると
言われているのですが、
お肌が弱い方は、それも避けた方が
無難といえるでしょう。

◆癒しのマッサージ情報
出張マッサージを鶴見区で満喫しちゃいましょう
リラックスできるマッサージ店は高崎市です
スポンサーサイト
アロマオイル(精油)の原液は
絶対に飲用しないようにしましょう。

精油の飲用はとても危険なことなのです。

海外では、医師の指導のもとに
精油を内服する場合があるようですが、
容量や方法などを誤ってしまうと、
肝臓や腎臓に、重大な影響を与えてしまう場合があるのです。

一般の家庭で楽しむ場合は、
絶対に避けるように気をつけましょう。

また、乳児などが誤って飲まないように、
保管場所にも十分に気をつけるようにしてください。
パッチテストの方法はとても簡単なのです。

二の腕の内側などの敏感な部分に
希釈したアロマオイルを少し塗っておいて、
数時間から1日ほど、様子を見るのです。

そして、赤みや腫れが出ていなければ
使用しても大丈夫でしょう。

◆癒しのマッサージ情報
人気が高い新大久保アロママッサージ情報
東京で受けたいマッサージ屋さん

逆に反応が出ている場合には、
肌に合わなかったという証拠なので、
使用するのをやめるか、医師に相談することをオススメいたします。

自分にあっているアロマオイルを
正しく使うことはとても重要なことなのです。
アロマオイル(精油)の原液は
お肌に直接つけることができないのです。

しかし、ホホバオイルなどのキャリアオイルで
1%以下に希釈することによって、
お肌のトリートメントに使用することが出来るのです。

ただし、たとえ希釈し場合でも、アロマオイルの種類によっては、
体質に合わない成分である可能性もありますので
注意は必要といえるでしょう。

お肌が敏感な人や、アレルギー体質の人は
反応が出やすくなっているので、
精油を使ったトリートメントを行う際には、
パッチテストを事前に行って、
安全を確認することをオススメいたします。
◆癒しのマッサージ情報
マッサージといえば練馬区です

アロマオイル(精油)は天然成分を利用しているので、
保存する環境には気を遣うようにしましょう。

日光や熱などの影響を受けやすくなっているので、
風通しが良い、冷暗所で保管するのがベストとされています。

また、湿気や火気も厳禁となります。

アロマオイルは、揮発性が高くて、
空気にふれると酸化していくので使用した後は、
必ずキャップをしめるようにしましょう。

品質保持の目安としては、
未開封の場合で2年、開封した後は1年とされています。

なお、パチュリのように、
年とともに質が良くなるという精油もあるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。