むくみにはマッサージを。でも、どうしてむくみって起こるの?

ここでは、「むくみにはマッサージを。でも、どうしてむくみって起こるの?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足などにおいて、むくみやすい人とあまりむくまない人がいますが、 どうしてむくみが起こってしまうのでしょうか。


まず、立って仕事をしている人の足がむくむ原因ですが、心臓に血液を戻すというポンプの機能は、主にふくらはぎの筋肉が担っています。
ところが、 ずっと立ちっぱなしでいるとこのふくらはぎの筋肉が疲労して硬くなってしまい、ポンプ機能をうまく果たせなくなってしまいます。
それによって、足に水分や老廃物がたまってしまい、むくみを感じるようになってしまうのです。


逆に、デスクワークなどで座りっぱなしの人においては、長い間ふくらはぎの筋肉が全く動かされない状態が続いてしまい、それによってポンプ機能が止まってしまいます。
これでは、体内に水分が溜まる一方です。
それ以外にも、座っているとリンパ液が重力によって下の方に溜まりやすくなります。
ふくらはぎの筋肉をそのまま動かさずにいると、このリンパ液の循環が悪くなりってしまい、水分が細胞間にしみいってしまい、むくみとなります。


[PR]
東京 マッサージ
マッサージ 練馬区
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。