疲れ目の改善法

ここでは、「疲れ目の改善法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いわゆる疲れ目というのは、目のまわりの筋肉が疲れた状態にあることです。
目を酷使したり、無理して見ようとしたりすることが筋肉疲労につながるのです。
疲れ目に効く足裏ツボを刺激すると、疲れ目の改善が期待できます。

目を長時間酷使すると、目がかすんだり、ショボショボしたり、まぶたが痙攣するなどといった眼精疲労があらわれます。目のツボは、足の人差し指と中指の付け根の部分にあります。左右逆に対応しているので、右目が悪ければ左足を、左目ならば右足を押し揉むようにしましょう。

風池(ふうち)は、首の後ろの髪の生え際のくぼみです。耳の後ろの突起と天柱の中間、左右両側にあります。

天柱(てんちゅう)は、首の後ろの髪の生え際で、2本の太い筋肉の外側です。左右両側にあります。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。