FC2ブログ

アロマオイルは日光の非常に受けやすい

ここでは、「アロマオイルは日光の非常に受けやすい」 に関する記事を紹介しています。
アロマオイルは日光の影響を非常に受けやすいので、
通常は青色か茶色の遮光ビンに入っているのです。

まれに緑色や赤色のビンもあるようです。

ビンにはキャップが付いていて、
キャップをあければ、中ブタ(ドロッパー)が付いています。

ドロッパーはオイルを1滴ずつ落とすためのもので、
1滴の量はおよそ0.05mlとなります。

アロマオイルをたらすときは、
ビンを静かに傾けて、1滴ずつ落とすようにしましょう。

ビンを傾けて自然にアロマオイルが
落ちてくるのを待つといいでしょう。

アロマオイルの粘性によっては
オイルがビンから出にくかったり、
また、大量に出たりする場合があるので
注意するようにしましょう。

◆癒しのマッサージ情報
便利な出張マッサージが吹田で体験できます
人気のオイルマッサージは新潟でも受けられます
関連記事