健康法

ここでは、「健康法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40代~50代にの人にでる、更年期障害という特有の症状があります。
ホルモンのバランスの変化が引き起こす症状で、「のぼせ」や「イライラ」などといった症状が多いようです。


家庭でのストレスや老化へのあせりが強いと、更年期障害の症状を誘発させてしまうのです。
そうしたストレスの程度によっては、さまざまな更年期障害の症状を発症することにもなりかねませんので、気をつけましょう。


腰痛や肩こり、疲労感、ほてりなどの不快症状は、ある特定の場所にとどまらず、憂鬱さや自律神経の乱れなどを引き起こすこともあります。
病院でもなかなか更年期障害の症状をわかってもらえないことも多く、ひとりで悩みを抱えてしまっている方も少なくありません。
そして、それがさらなるストレスを生み、症状が悪化してしまうという方もいらっしゃいます。


ホルモンバランスが落ち着いてくるとともに、更年期障害の症状も治まってきます。
上手に足や体のツボ治療を使って、更年期を乗り切りましょう。
人間の姿勢は骨格によって形づくられますが、姿勢をキープしながらそれぞれの部分の動きをコントロールしているのが筋肉の役割です。
その中でも、今回は首周辺や肩の筋肉に着目してみます。


首周辺や肩には大小さまざまな筋肉がありますが、これらは筋肉の構造上、どうしても負担ががかかりやすいつくりになっています。
そのため首や肩の筋肉に疲労が蓄積してしまいやすくなり、肩こりを発症してしまうのです。


また頭の位置が前に出る猫背などの姿勢をとり続けると、とうぜん頭の重心が前へ移動してしまいます。

このとき、首や肩の筋肉は、正しい姿勢とほぼ同じ姿勢を維持しようと作用します。
こうなってしまうとよけいに疲労がたまってしまうため、肩こりを引き起こしてしまうのです。

「猫背の人は肩こりになりやすい」と言われることが多いですが、その所以はこうしたことにあったのです。

いかに正しい姿勢を維持することが大切か、そういったところをもう一度見つめなおしていただければ幸いです。

[PR]
東京 出張マッサージ
マッサージ 新宿
暑かった夏も、終わって、もうすぐ秋ですね。

湿気の多かった夏が過ぎると、乾燥の季節がやってきます。

感想の季節になると、手や指先の乾燥を防ぐ、
ハンドクリームが欠かせないって人がいるのではないでしょうか?

実は、このハンドクリームを使ってのマッサージ、手や指の乾燥を防ぐだけでなく、
体調を整えるためにも役立ってくれるのです。

というのも、手には足の裏と同様に多くのツボがあります。
ハンドクリームを使って手をマッサージすることで、手を乾燥から守ると同時に、
体の疲れやイライラも和らげてくれます。

今日は、そんなハンドマッサージの方法をまとめてみた。


・はじめに
ハンドクリームを適量とり、手全体に広げます。
手の甲から指先に向かって軽くさするだけでも、血液やリンパの流れを促進し、
緊張をほぐす効果があるので覚えておきましょう。


・爪の周りを指一本ずつ丁寧に
クリームが馴染んできたら、指一本一本にクリームを伸ばすようにして、
指をもう一方の手で軽く握って指の付け根から指先に動かしていきます。

そして、指先まで動かして、爪の横や爪の生え際を軽くつまむようにマッサージします。
指先は乾燥しやすいのですが、丁寧にクリームを伸ばしマッサージすると、ささくれを防いだり、
健康な爪を育てる効果があります。


・手のひら、指の間のツボを刺激しよう
指と指の間にある、水かきのような部分をつまんで、引っ張るように刺激します。

特に、頭痛や肩こり、便秘に悩んでいる方は、親指と人差し指の間を刺激しましょう。
頭痛や肩こり、便秘にに効く合谷と呼ばれるツボがあります。
気持ちいいと感じる強さでほぐしていきましょう。

また、手のひらの真ん中には、神経を鎮め、疲れをとる労宮と呼ばれるツボがあります。
場所は、中指の下、手のひらのちょうど真ん中あたりのくぼんだ所です。
親指で押したり、手の拳で関節をぐりぐりと押し当てるとリラックス効果が得られます。

・仕上げ
ツボを刺激した後は、指を手のひらが反る方向に押してストレッチしたり、
指を組んで手首を回したりすると関節がしなって血行が良くなります。

さらに、腕の方までさするようにしておくとリンパの流れが良くなり、すっきりします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。